3階建て風住宅の価格

3階建て風住宅の価格について

3階建て風住宅で価格を抑える

住宅は建坪によって固定資産税が変わってきます。住宅新築時は居住後にどれだけの税金がかかるかをあまり意識せず、建築価格にばかり目がいってしまいます。最近では小屋裏というのはある程度認知度が高まっています。2階の上に収納目的として使われることが多いと思いますが、ここを3階として居住スペースに使う方もいらっしゃいます。こうすることでまるで3階建てな家となります。小屋裏を居住スペースとして使う場合の注意点ですが、まず建坪に入らないようにするため、高さが150センチほどとなります。また、屋根からの熱が伝わり、夏場は暑くなります。そこでエアコンをつけて、お父さんの避難場所として使う方が実際にいます。アイデア次第でまるで3階建て。検討してみてはいかがでしょうか。

3階建てが高齢者にも適している

マイホームの建設を決めるにあたり考えるべきなのは、これから将来にわたってどのような暮らし方がふさわしいかという点です。住宅の取得は一生のうち何度もあることではないので、高齢になっても住み続けられる家を希望する人が大多数です。3階建て家というと若い世代向けというイメージがありますが、考え方次第で高齢者にも快適な住まいになります。例えば3階まであるので、住みやすい住宅に不可欠な日当たりや風通しを確保できます。3階建ては覗かれにくくプライバシーも守られるので、高齢で在宅の時間が多くなっても快適に過ごすことができます。

↑PAGE TOP